読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PUNK AND GUITAR

たしなむ程度にパンクロックとギターを

ザ・クラッシュ - ヒッツヴィルUK解説

ampmusic.jp

これは興味深いですねー

確かに曲としてはクラッシュらしくはないんですが、歌の内容はシーンに対するリスペクトに溢れてたんですなぁ。

ちゃんと聴くとキャッチーで楽しい良い曲じゃあないですか。

 

自分たちのリリースする物にたいして、深いこだわりがあったのが分かりますね~

 

久保さんのこのシリーズほんとためになるし面白い!!