読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PUNK AND GUITAR

たしなむ程度にパンクロックとギターを

BOB MARLEY - Punky Reggae Party

本日、5月11日はボブ・マーリーの命日らしいです。

 

Punky Reggae Partyは、クラッシュがカバーしたリー・スクラッチ・ペリー作曲の「ポリスとコソ泥」を、ボブ・マーリーが聴いて作ったというアンサーソングみたいな曲です。

曲中でダムドやジャム、クラッシュなどパンクバンドの名をあげて敬意を表していますね。

 

そのクラッシュの1stアルバム収録の「白い暴動」では、「黒人の暴動みたいに白人も動き出すべきだ」みたいなことが歌われているんですが、ボブ・マーリーは「彼らは黒人を恐れているのではなく、一緒なんだ」と共感したのだとか。

 

パンクとレゲエって、一般的な印象こそ違うかも知れませんが、歴史的にも非常に相性が良いんですね~

 

それにボブ・マーリー愛用のレスポールスペシャルもパンクス大好きギターですもんね(笑)